転職をすることは可能か?

特許の仕事に携わりたいと思っている人もいるでしょう。ところで、特許関係の求人というのは現在のところ、どのような感じなのでしょうか?現在のところ、特許で求人情報をチェックしてみるとやはり、特許事務所で働く案件というのが主流になっている感は否めません。特許事務所の求人情報がやはり、多数を占めています。特許事務所の求人を見てみると、いろいろな業務内容のものが募集されています。明細書をかく案件や特許調査などを担当するスタッフを募集している案件もあります。そしてもう一つ、最近になって増えている案件として、海外を対象にした業務を担当する人材を求める求人広告です。グローバル社会になったことで、国内で特許を取得するだけでなく、国際的に特許を取得しておくことが、世界のライバル企業に商品をまねされないようにするために重要になります。そこで、国際特許を希望する企業が多くなっているのです。ということは、これからの時代、特許関係の仕事をしていくためには、それなりの語学力が必要になってくると認識をすべきでしょう。

事務所以外の案件について

特許事務所の案件が中心ですが、一般企業で特許関係の仕事を担当する人材を募集する案件もなかにはあります。最近では、特許に対して力を入れている企業も、大企業の間で多くなっています。その場合、知的財産の部署を新規に作るので、そのスタッフを募集することもあります。部署を新規に作るので、それなりのまとまったスタッフを募集することもあります。経験者の方が有利ではありますが、未経験者の人でも歓迎するような案件も出ています。また、大学などの研究機関でも、いろいろな商品などの開発を行うことがあります。この独自の開発をしたら、特許をとって権利を保護する必要があります。そこで、大学でも特許業務に携わるスタッフを募集する傾向も、最近では出てきています。大学は法人化されるケースも多くなっています。今はまだ数は少ないかもしれません。しかし、今後は大学で特許業務のスタッフを募集する案件も増えてくると予想されています。このように特許の求人情報は、今ではいろいろなジャンルで募集されるようになってきていますので、慎重に個別の案件をチェックするようにしましょう。

ページトップ